女性作業員

シロアリの入り口である隙間を塞いで侵入を防ごう

隙間から侵入してくる

作業員

具体的なコウモリ被害

コウモリは夜行性なので、住みつかれると、住宅では夜間の騒音被害が生じることになります。また、コウモリは1日に自分の体の半分ほどの量の食事をとるので、その分糞も多く落とします。そのため騒音や悪臭で夜に眠ることができず、心身ともに不健康な状態になってしまう人もいます。したがってコウモリ駆除は、コウモリの数が増えないうちに、駆除業者に依頼してスピーディにおこなってもらうことが肝心です。駆除業者は、まずは追い払い、次に糞の片付けをし、その上で通気口などを塞いでくれます。こういったコウモリ駆除により、夜に安心して眠れるようになるのです。

コウモリに危機感を与える方法

害虫と異なり、コウモリには高い知能があります。そのため、コウモリに危機感を与えることで、あっさりとコウモリ駆除が成功することもあります。たとえば通気口にトゲのついたネットを設置しておくと、それだけでコウモリは危険を察して逃げていくことがあるのです。また、コウモリは超音波によって障害物をよけて飛行するので、その超音波を乱す磁石を設置しておくことで、近寄ってこなくなります。さらに、水に濡れることを嫌うので、通気口に自動で水を噴射する装置を設置しておくことも効果的です。こういった対策をおこなうことで、駆除業者に依頼せずにコウモリ駆除ができたという人も多くいます。また、駆除業者によるコウモリ駆除後にこれらをおこなえば、再度の被害を防ぐこともできます。

Copyright© 2015 シロアリの入り口である隙間を塞いで侵入を防ごうAll Rights Reserved.